地域を選んでください

Australia
Österreich
België
Canada
Canada - Français
中国
Česká republika
Denmark
Deutschland
France
HongKong
Iceland
Italia
日本
Korea
Latvija
Lietuva
Lëtzebuerg
Malta
المملكة العربية السعودية (Arabic)
Nederland
New Zealand
Norge
Polska
Portugal
Russia
Saudi Arabia
Southeast Asia
España
Suisse
Suomi
Sverige
台灣
Ukraine
United Kingdom
United States

3D モデルについて

VIVE Syncで3Dモデルを準備する際に留意すべき重要事項は以下の通りです。
  • 3Dモデルを読み込み、すべての会議参加者が閲覧できるようにするには、以下の3Dモデルの推奨仕様に従ってください。

    PCのVRプラットフォームでは、利用可能なシステムメモリ容量に基づき、コンピュータからVIVE Syncに大容量ファイルを読み込むことができます。PC VRの推奨3Dモデル仕様は、参加者全員がPC VRヘッドセットを使用する場合に適用されます。

    オールインワンVRとモバイルプラットフォームの性能の違いにより、3Dモデルのサイズや内容に制限があります。アップロードされたファイルが制限を超えた場合、モデルが VR ヘッドセットに読み込まれない場合があります。また、モバイルデバイスでビューアモードを使用している参加者は、モデルを見ることができない場合があります。

    PC VR オールインワンVRとモバイル
    ポリゴン 15,000 またはそれ以下推奨 5,000 またはそれ以下推奨、最大 200,000
    ファイルサイズ 150 MB またはそれ以下推奨 60 MB またはそれ以下推奨、最大 300 MB
    テクスチャ解像度 4096×4096 またはそれ以下推奨 1024×1024 またはそれ以下推奨、
最大 2048×2048
  • FBX、OBJ、glTF(.gltf/.glb)ファイルは、アップロード前にそれぞれの .zip ファイルにまとめておく必要があります。

    テクスチャを3Dモデルと一緒にZIPファイルにまとめます。

  • Unity asset bundle (.ab) ファイルは、.zip ファイルにまとめる必要はありません。

    すべての会議参加者が3Dモデルを確実に見ることができるよう、すべてのデバイスに対応するために、PC、AndroidiOSのプラットフォーム用にモデルを構築してアップロードすることが推奨されます(ファイル名に「*_windows.ab」、「*_android.ab」、「*_ios.ab」を追加します)。

3Dモデルでの操作の詳細は、VIVE Sync用に3Dモデルを準備するためのガイドをご参照ください。

送信
ありがとうございます。