地域を選んでください
Australia
Österreich
België
Canada
Canada - Français
中国
Česká republika
Denmark
Deutschland
France
HongKong
Iceland
Italia
日本
Korea
Latvija
Lietuva
Lëtzebuerg
Malta
المملكة العربية السعودية (Arabic)
Nederland
New Zealand
Norge
Polska
Portugal
Russia
Saudi Arabia
Southeast Asia
España
Suisse
Suomi
Sverige
台灣
Ukraine
United Kingdom
United States
Select your country to buy
België
Česká republika
Denmark
Iceland
Italia
Latvija
Lietuva
Lëtzebuerg
Malta
Nederland
Norge
Polska
Portugal
España
Suisse
Suomi
Sverige
<< 記事に戻る

VIVE Businessトレーニング:現場で高く評価される、VRトレーニング・学習の一元管理システム

VBT_1.jpg

使用事例

5 minutes read

HTC VIVEが作成した一元管理システム「VIVE Businessトレーニング」は、複数のVRデバイスを同時に操作できるツールで、多数のユーザー利用を伴う仮想トレーニング環境に非常に有効です。

VRの導入から現場での運用まで、あらゆる不便や苦痛を解決するのが、VIVE Businessトレーニングです。運用・保守の不便や悩みを解消し、”一対多”の利用シーンにおける管理・運用を簡単にします。また教育の現場では、教員に新しいツールと授業スタイルを提供し、スムーズで便利な多人数用VR学習環境を実現します。

教員の端末(スクリーン端末/スマートフォン/タブレットなど)とVIVEのヘッドマウントディスプレイにVIVE Businessトレーニングをインストールすれば、シンプルでわかりやすいインターフェースで、すべての機器の接続状況や電力状態の確認、コンテンツや更新の管理ができます。 同一のコンテンツを教室内のすべてのヘッドセットディスプレイに配信できます。また端末でモニタリングしながら、個別にユーザーを案内したり、複数のユーザーを対象に共有・説明したりすることも可能です。

VBT_2.jpg

VR教室で「VIVE Businessトレーニング」を導入する

VIVE Businessトレーニングは、理想的な多人数教育やグループ学習をVRで実現します。教員は複数のコンテンツやデバイスを簡単に管理でき、生徒の学習状況やVRでの操作状況をリアルタイムでモニタリングして、生徒の課題を明確にすることができます。 さらにVIVE Businessトレーニングにより30~300人のVR学習体験を実現できるので、生徒たちは列に並んだり待ったりする必要がなく、時間管理も楽になります。

*実際に現場でサポートできる人数は、現場の無線デバイスやネットワーク環境に応じて異なります。

VIVE Businessトレーニングの事例紹介

教育業界での事例を紹介しましょう。台湾に本社を置くHTCでは、台北市教育局と連携して「2019年 全国中学校-未来のスマート教室プロジェクト」を実施しました。VIVE Businessトレーニングを数百校に導入し、教員の皆様が直感的かつ簡単にVR授業を行い、VRの没入感を最大限に引き出すことができるように支援しました。教育機関では、教育や学習における新しいテクノロジーの活用において、教員のコアコンピテンシーを向上させるためにも利用されています。

VBT_3.jpg

台北市教育局スマート教室-仁愛中学校

台北仁愛中学校では、「2019年 全国中学校-未来のスマート教室プロジェクト」に基づき、探究と実践計画を導入。問題を発見し、考察し、自らの手で解決することで科学的リテラシーを養うことを目的としています。 学生の学習意欲を高めるため、HTCと提携して革新的なVR教育モデルを計画し、VIVEのVRデバイスとコンテンツを導入しました。VIVEを通じて、宇宙、海の中、エベレスト、熱帯雨林など、さまざまな環境を体験できます。 科学の300種類以上の単元が盛り込まれた「バーチャルリアリティラボ」では、生徒はいつでも安全に科学・化学の実験を行うことができ、教員はコストをかけずに安全かつ素早く簡単に授業を準備できます。また、HTCと燕尾科学技術センターは、危険な科学・化学の実験を仮想現実の中で安全に行える、従来の教育モデルから脱却したVR教室を実現しました。 仁愛中学校のTsang Man-lung校長は、「VRテクノロジーは、教室での授業に前例のない変化をもたらしました。没入型バーチャルリアリティでは、生徒たちの学習への関心や効率が大幅に向上するだけでなく、教員が教材を作成する際の時間コストも減ります。生徒たちの学びが個々の想像力や教師の理解力だけに依存してしまうような事態を避けて、学習者自身が状況を体験し、その内容に共感できるので、理論や知識が無意識のうちに生徒に芽生えるようになります」と言います。

VBT_4.jpg

台北市立美術館の「台北美術教師会」と連携した企画では、30名以上の教員が台北市立美術館に集まり、VIVE Businessトレーニングを利用したデジタルアートワークショップで、多人数同時参加型のVRコンテンツ「Mona Lisa: Beyond The Glass」を体感してもらいました。

VRとデジタルアート

「Mona Lisa: Beyond The Glass」は、ルーブル美術館とHTC VIVE Artsが初めて協力し、ダ・ヴィンチの名画「モナリザ」をVRバーチャルリアリティで再現したものです。鑑賞者は仮想空間に入り、名作の世界に完全に没入します。鑑賞者と絵画を隔てるガラスを通り抜け、ゼロ距離で「モナリザ」を鑑賞できます。 体験することで、長年にわたり評価されるこの作品の、肉眼では見えない多くのディテールが見えてくるでしょう。 芸術に新しい体験をもたらすVIVE Businessトレーニングにより、VIVEのヘッドマウントディスプレイを介して、まるでルーブル美術館のモナリザギャラリーを一緒に訪れるかのように、複数人で同時に仮想空間に入り込み、鑑賞することができます。

HTC VIVEのVR製品・ソリューションについて、さらに知りたい方は https://business.vive.com/jp/enterprise_inquiry/ にお気軽にお問い合わせください。