VIVE Location-Based Software Suite

地域を選んでください
Australia
Österreich
België
Canada
Canada - Français
中国
Česká republika
Denmark
Deutschland
France
HongKong
Iceland
Italia
日本
Korea
Latvija
Lietuva
Lëtzebuerg
Malta
المملكة العربية السعودية (Arabic)
Nederland
New Zealand
Norge
Polska
Portugal
Russia
Saudi Arabia
Southeast Asia
España
Suisse
Suomi
Sverige
台灣
Ukraine
United Kingdom
United States
VIVEロケーションベース拡張ソフト
VR体験施設で遊ぶ2人

VIVEロケーションベース拡張ソフト

ロケーションベースのサービスやトレーニングに特化して開発された、新機能の詰まったVIVE Focus 3向け拡張ソフトウェアです。

お問い合わせ 動画を見る ›

選べる複数のモード

30m x 33mのトラッキングエリアにいる人

LBE(ロケーションベースエンターテイメント)モード

広い空間でのインサイドアウトトラッキング対応

30m x 33mのトラッキングエリアにいる人

LBEモードにより、VIVE Focus 3では最大1000 m²(33 m × 30 m)のトラッキングエリア(テニスコート4枚分)をカバーできるようになります。サブミリ単位の精度と、自由に動き回れる滑らかな6DoFトラッキングを両立します。

もっと自由に

小規模なVR体験スペースから、大規模なVRテーマパークに至るまで、さまざまな形やサイズのVR空間を指定できます。

空間を自由に設定

空間を自由に設定

さまざまな形の空間を生み出す

自由自在アイコン

自由自在

最大33 m × 30 mのトラッキングエリアを設定することができます。

複雑なセットアップ過程を省略

VO(ビジュアルオドメトリ・自己位置認識)モード

体験の回転率を最大限に

複雑なセットアップ過程を省略

VOとは、プレイエリアの設定が必要のないシンプルなトラッキング方式です。ヘッドセットを被った位置から6DoFトラッキングが行われるため、位置特定が必要のないVR体験を簡単に実装することができます。

VOモードからLBEモードに変更するイラスト

LBEハイブリッドモード

準備から本番までスムーズに

VOモードからLBEモードに変更するイラスト

LBEハイブリッドモードでは、VOモードとLBEモードをすぐに切り替えて利用できます。たとえば、準備エリアにいる段階でVOモードを使ってヘッドセットを被りオリエンテーションなどの準備をしたあと、設定済みの広いプレイエリアに入場してもらったところでLBEモードに切り替えて、本番のVRコンテンツを体験するといった運用がっ可能です。VRの事前準備と本番体験の移行をスムーズに切り替えられるので、時間や経費のコストカットにつながります。

シミュレーターとアミューズメントパークのライドシートのイラスト

シミュレーターVRモード

3DoFを6DoFシミュレーションへ

シミュレーターとアミューズメントパークのライドシートのイラスト

シミュレーターVRモードは、車やトレーニングシミュレーター、アミューズメントパークのライドなどの、移動するVR環境に適した独自の6DoF VRソリューションです。VIVE Focus 3コントローラーまたはVIVEリストトラッカーを固定して利用し、3DoF環境を6DoF環境に変換するので、自然な動作を実現して酔いを軽減します。照明の暗い環境でもトラッキングできるため、シミュレーターVRモードは、狭い密室でのトレーニングや映画館のようなスペースでの利用にも適しています。

マップ管理がより簡単に

1つのHMDが複数のHMDとマップを共有するイラスト

マップシェア

1つのマップ、複数のユーザー

1つのHMDが複数のHMDとマップを共有するイラスト

1つのHMDでルーム設定をしたマップを、複数のHMDと共有します。これにより、複数のプレイヤーが同じ物理およびバーチャル環境で連携したマルチユーザー環境を構築できます。個別のHMDのルーム設定が不要になるため、時間やリソースも節約できます。素早く簡単で、スケーリング可能な実装を実現する機能です。

マップシェアにより、すべてのHMDで同一のロケーション参照ポイントを持つことができます。ただし、各HMDのポーズをコンテンツサイドに割り当てるには、サードパーティのバックエンドサービスが必要です。

動画を見る ›
複数のマップが大量のHMDに割り当てられるイラスト

グループ管理

複数のマップ、複数のユーザー

複数のマップが大量のHMDに割り当てられるイラスト

グループ管理機能を使うと、イントラネットWi-Fi経由で、さまざまなマップを大量のヘッドセットへと簡単に割り当てられます。

マーカーベーストラッキング

ArUcoコードについて

ArUcoコードはQRコードに似ており、リアルタイムでHMDに固有のIDポイントや位置情報を提供するビジュアルマーカーです。ArUcoコードでトラッキングポイントを増やすことで、位置のズレを低減できます。また、実際に存在するオブジェクトをバーチャル空間のアセットと一致させて没入感を高めるためのマーカーとしても利用できます。

ArUcoコード
共有された環境での共有されたリアルタイム位置データのイラスト

マーカーベースロケーションシェア

手軽なのに正確

共有された環境での共有されたリアルタイム位置データのイラスト

ArUcoマーカーにより、VIVE Focus 3は、追加の入力やセットアップ作業なしでリアルタイムの位置データを提供、共有できます。マーカーベースロケーションシェアの活用で、特定の場所で複数のHMDをキャリブレーションする、といった煩雑な作業が不要になるため、運用が効率よくなります。

動画を見る ›

サービス&カスタマイズ

LBE環境セットアップサポート

VIVEロケーションベース拡張ソフトの性能を最大限に生かせるように、専用のチームがマップ構築時にサポートします。3Dモデルとテクスチャデザインをサポートチームに送信してください。私たちが、トラッキングのリスク評価や、環境セットアップをより良くするための提案を提供します。

カスタマイズ

VIVEロケーションベース拡張ソフトをカスタマイズしたり、用途に応じた機能を適用したりできます。お客様のご要望に合わせて、オプションのご提案を提供します。

パートナー

Phenomena

“VIVEのLBEモードと無線で使えるVIVE Focus 3は、我々の作るアリーナに対応した、本当に自由に動けるソリューションです…我々はこの機能を取り入れてリリースしましたが、業界からの反響は抜群でした。さらに、VIVEのマップシェア機能によるマップ管理は、お客様がすぐにゲームプレイに参加できるようにするために役立っています。スループットの向上は、オペレーターのROIを向上させる鍵となっています。”

Phenomena CEO、Awane Jones氏

VRアリーナ

Zero Latency

“VIVE Focus 3にアップグレードしたことで、PCレンダリングコンテンツをワイヤレスでストリーミングできるようになり、かさばる PCバックパックの管理が不要になるだけでなく、映像体験を向上できました。各ヘッドセットを1つのオペレーティングシステムでプロビジョニング、管理することで、オペレーターとプレイヤーの両面での複雑さが解消されて、運用コストを大幅に削減することができました。“

Zero Latency CTO、Scott Vandonkelaar氏

VIVE Focus 3をかぶりアーケードでVRの武器を持つ男性

VIVE Focus 3の特徴

PC-VRコンテンツをVIVE Focus 3でも快適に

VIVE Business Streaming

VR対応PCならではの高精細コンテンツを、USBまたはWi-Fi経由で楽しむことができます。

  • Wi-Fi 5と6に対応
  • USB-C接続
  • NVIDIAとAMDのグラフィックカードに対応
  • VIVEPORTとSteamVR™ 上のコンテンツに対応*
詳細 ›

*VRヘッドセット対応については、各コンテンツページよりご確認ください

用途が広がるプラットフォーム

ハンドトラッキング対応

VIVEのハンドトラッキングは、オールインワン(AIO)の単体利用とPC-VR接続に対応しました。OpenXR Skeletal InputとOpenXR Hand Tracking APIをご利用ください。**

**ハンドトラッキングを利用するには、対応のアプリケーションが必要です

VIVEリストトラッカー

VIVE Focus 3向けに新たに開発されたVRトラッカーは今までのVRコントローラーより軽く、汎用性の高いものです。腕に付けるとハンドトラッキングがさらにパワーアップ。オブジェクトに付けることであらゆるモノをVR空間でトラッキングすることができます。

今後の新機能について

VIVEロケーションベース拡張ソフトの定期的なアップデートにより、さらに便利な機能が追加されます。最新情報については詳細ページをご参照ください。

最新機能について › ›

まずはお気軽にお問合せください

VRデバイスの導入や運用については、オンラインフォームよりご相談いただけます。

お問い合わせ