地域を選んでください

Australia
Österreich
België
Canada
Canada - Français
中国
Česká republika
Denmark
Deutschland
France
HongKong
Iceland
Italia
日本
Korea
Latvija
Lietuva
Lëtzebuerg
Malta
Nederland
New Zealand
Norge
Polska
Portugal
Russia
Saudi Arabia
Southeast Asia
España
Suisse
Suomi
Sverige
台灣
Ukraine
United Kingdom
United States
المملكة العربية السعودية (Arabic)

機能を有効および無効にする

バーチャルウォール、Wi‍-Fi 設定、カスタムブートアップアニメーション、自動システムアップデートなどの機能をオンまたはオフにします。
  1. バッチ構成テンプレートパッケージの内容を解凍したフォルダの中にある xml フォルダを開きます。バッチ構成テンプレートパッケージをダウンロードするを参照してください。
  2. テキスト編集アプリを使用して、フォルダ内にある cc_config.xml ファイルを開きます。
  3. 各機能に該当するテキストと値を入力して、機能を有効または無効にします。各設定の x 値を 1(有効)または 0(無効)に変更します。

    例:<enableUSBdebug>1</enableUSBdebug>

    ヘッドセット向けに設定できる機能の全リストについては、利用できる機能を参照してください。

  4. ファイルを保存します。
重要:
  • 各機能のシステムバージョン要件を確認する場合は、機能バージョンの要件を参照してください。
  • VIVEを特定のWi‍-Fiネットワークに接続するには、<hasWIFISettings>の値を1に設定します。Wi‍-Fi 設定ファイルを構成するを参照してください。
  • <hasAnimationZip> の値が1に設定されている場合、パッケージング用にカスタムブートアップアニメーションを用意する必要があります。カスタムブートアップアニメーションを用意するを参照してください。
  • ヘッドセットで現在使用されているものに加えて、別のヘッドセット追跡ソリューションもある場合は、<DisableLostTracking> 値を 1 に設定します。
  • <SetPlayareaSize>には、2x23x3、または4x4を入力できます。寸法はメートル単位です。

利用できる機能

ヘッドセット向けに設定できる機能を紹介します。
機能の名称 テキストの設定
USB デバッグ

ヘッドセットの USB デバッグを有効または無効にします。

<enableUSBdebug>x</enableUSBdebug>

バーチャルウォール

プレイエリアのバーチャルウォールを表示または非表示にします。

<enableVirtualWall>x</enableVirtualWall>

Wi-Fi 設置

Wi‍-Fi を設定して、ヘッドセットを特定の Wi‍-Fi ネットワークに接続します。Wi‍-Fi 設定ファイルを構成するを参照してください。

<hasWIFISettings>x</hasWIFISettings>

ユーザーインターフェースのペアリング

コントローラーの中央配置機能を有効または無効にします。

<disablePairingUI>x</disablePairingUI>

3 DoF コントローラーのアップデート

3DoF コントローラーの自動アップデートを有効または無効にします。

<ThreeDoFController_update_enabled>x</ThreeDoFController_update_enabled>

Chirp コントローラーのアップデート(6 DoF コントローラー用)

Chirp コントローラーの自動アップデートを有効または無効にします。

<ChirpController_update_enabled>x</ChirpController_update_enabled>

システム更新

ヘッドセットの自動システムアップデートを有効または無効にします。

<System_update_enabled>x</System_update_enabled>

VIVE ホーム(ランチャー)のアップデート

VIVE ホームと VIVEPORT のアップデートを有効または無効にします。

<Launcher_update_enabled>x</Launcher_update_enabled>

一括設定の持続設定

詳細につきましては、一括設定の持続設定を設定するをご参照ください。

<cotaPersistence>x</cotaPersistence>

ブートアップアニメーション

ヘッドセットにカスタムブートアップアニメーションを追加します。カスタムブートアップアニメーションを用意するを参照してください。

<hasAnimationZip>x</hasAnimationZip>

失われた追跡に関する警告を表示しない

失われた追跡に関する警告を表示または非表示にします。

<DisableLostTracking>x</DisableLostTracking>

電源メニューのWi-Fiおよびキャストオプション

電源メニューに Wi‍-Fi 設定とキャストオプションを表示します。

<ShowWIFICastOption>x</ShowWIFICastOption>

開発者向けオプションを表示

開発者向けオプションを有効または無効にします。

<EnableDevelopOption>x</EnableDevelopOption>

プレイエリアサイズ

プレイエリアのサイズを設定します。

<SetPlayareaSize>2x2</SetPlayareaSize>

重要: 各機能のシステムバージョン要件を確認する場合は、機能バージョンの要件を参照してください。

Wi‍-Fi 設定ファイルを構成する

Wi‍-Fi設定ファイルを編集することで、デバイスが特定のWi‍-Fiネットワークに接続できるようになります。
  1. バッチ構成テンプレートパッケージの内容を解凍したフォルダの中にある xml フォルダを開きます。バッチ構成テンプレートパッケージをダウンロードするを参照してください。
  2. テキスト編集アプリを使用して、フォルダ内にある wifi_config.xml ファイルを開きます。
  3. お使いの Wi‍-Fi ネットワーク設定に従って、タグの値を編集します。
    重要: それぞれのタグに値を入力する必要があります。入力できる値については、各タグの備考を確認してください。
    注意: ドメインが不要な場合は、<domain> タグの削除が推奨されます。
  4. ファイルを保存します。

一括設定の持続設定を設定する

一括設定の持続機能を使用して、パッケージをインストールした後、ヘッドセットに一括設定パッケージを保存します。工場出荷時設定へリセットし、ストレージカードに一括設定パッケージがない場合、ヘッドセットは保存された一括設定パッケージを自動的に実行します。

カスタムブートアップアニメーションを用意する

会社専用の起動アニメーションを追加することができます。
  1. バッチ構成テンプレートパッケージの内容を解凍したフォルダの中にある files フォルダを開きます。バッチ構成テンプレートパッケージをダウンロードするを参照してください。
  2. フォルダ内で、bootanimation.zip ファイルの内容をコンピュータに解凍します。 part0 フォルダと desc.txt ファイルが解凍されます。
  3. アニメーションシーケンス画像を part0 フォルダにコピーします。
    注意:
    • PNG 形式の 3D プリディストーション画像を使用する必要があります。
    • 推奨される画像のサイズは 2880x1600 ピクセルです。
    • 画像には連続した名前を付けます。例:boot_0001.pngboot_0002.png など。
    • アニメーションと併用するオーディオファイルを WAV 形式でこのフォルダに置くこともできます。
  4. テキスト編集アプリを使用して、desc.txt ファイルを開きます。 desc.txt は、part0 フォルダ内にある画像の表示方法を定義します。
  5. 必要に応じてコードを変更します。
    2880 1600 24
    p 1 0 part0
    • 2880 アニメーションで使用する画像の幅(ピクセル)。
    • 1600 アニメーションで使用する画像の高さ(ピクセル)。
    • 24 アニメーション再生時のフレームレート推奨するフレームレートは24です。
    • p アニメーションの再生を停止または終了するコマンド。ヘッドセットが完全に起動した後、アニメーションの再生がすべて完了していない場合でもアニメーションを停止する場合は、p を入力します。ヘッドセットが完全に起動した後、少なくとも1回はアニメーションの再生を終了する場合は、c を入力します。
    • 1 アニメーションがループする回数。アニメーションが繰り返される回数を入力します。ヘッドセットが完全に起動するまでアニメーションを繰り返し続ける場合は、0 を入力します。
    • 0 再生前の待機時間。アニメーションがループに設定されている場合に、再生するまでの待機時間をフレーム数で入力します。
    • part0 アニメーション用の画像が保存されているフォルダの名前。
    ヒント: ブートアップアニメーションが複数ある場合は、別の列を追加します。
    2880 1600 24
    p 1 0 part0
    c 0 0 part1
  6. part0 フォルダと desc.txt を ZIP ファイルにパッケージし、名前を bootanimation.zip にします。
  7. bootanimation.zip をバッチ構成テンプレートファイルの files フォルダ内に保存します。
送信
ありがとうございます。